WEBライティング

【初心者向け】WEBライティングが通常のライティングと違う3つのこと

こんにちは。ロクサン(@Rokusan_jobs)です。

この記事はこんな人にオススメ

  • WEBライティングを難しく感じている人
  • SEOで上位表示されなくて困っている人
  • 記事を書いても読まれない人

このような悩みにお答えします。

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕はブログ歴1年。現在はブログ×クラウドソーシングで生きてます。
Twitter (@Rokusan_jobs)もやってます。

 

WEBライティングには通常のライティングになない、WEBならではの概念があります。この概念は、通常のライターがWEBライティングをしたときに、記事が読まれない原因の1つでもあります。

 

そこでこの記事では「WEBライティングが通常のライティングと違う3つのこと」を解説していきます。

この記事を読むことで「WEBライティングで読まれる記事のポイントを抑えることができます。」

 

ロクサン
WEB上の記事は「検索して記事にたどり着く」ことを意識する必要があります。

 

通常のライティングと違う3つのこと

 

WEBライテイングは、雑誌やコラムを書くライテイングとは全く違うポイントが3つあります。

 

3つの違うこと

  1. 記事の起点はキーワードと検索意図
  2. 読者は知りたい部分だけを読む
  3. 読者のデバイスは人によって違う

 

この3つのポイントを知っておくだけで「ユーザー視点」での記事が書きやすくなります。

 

記事の起点はキーワードと検索意図

 

WEBライテイングでは「キーワードと検索意図」が記事の起点になります。

 

  • キーワード = ユーザーが検索したキーワード
  • 検索意図 = 検索したキーワードの目的

 

ユーザーが「何をしりたくて検索しているのか」「悩みや知りたいことに、どんな答えを返すのか」が記事を書くスタートとなります。

 

ロクサン
「キーワード」→「検索意図」→「内容」の流れが、記事を書き始める基本です。

 

検索意図はWEBライティングで超重要なポイントです。

詳しくは以下の記事で解説しています。
>> 超重要な「検索意図」を完全攻略

 

読者は知りたい部分だけを読む

 

読者は、基本的に「知りたい情報の部分だけを読みたい」と考えています。

 

そのため、時間がない中で記事を読んでいることが多いです。

 

例えば

  • 電車の中
  • トイレの中
  • 会社の休憩中
  • 寝る前

 

いわいる隙間時間で読んでいるユーザーが多いため、WEBライテイングでは「結論→理由」の順番で書くことが重要です。

 

  • 読者が知りたくて検索している「結果」を最初に伝える
  • 結論の裏付け(理由)を伝える

 

ユーザーは、知りたい答えが見つからないと記事を閉じてしまいます。また、記事中から結論を探すことはありません。

 

ロクサン
WEBライティングでは起承転結の「結」を最初にもってきましょう。

 

読まれる記事は「記事構成」が大切です。

詳しくは以下の記事で詳しく解説しています。
>>

 

読者のデバイスは人によって違う

 

読者はパソコン、タブレット、スマホなど、人によってデバイスが違います。そのため、画面の大きさも違ってきます。

 

例えば、パソコンを想定した記事をスマホで読めば......

  • 1文が長く感じる
  • 文字サイズが小さい
  • 画像が小さい

このように、スマホでは読みにくい状態が起こります。

 

読みにくい記事だと、読者は読みません。だから、どのデバイスからでも読みやすい記事を書くようにしましょう。

 

ロクサン
読者の8割はスマホと言われているので、スマホでの確認は必須です。

 

この3つを意識するだけでも、読まれる記事に変化していきます。

WEBライティングは非常に奥が深いため、以下の記事で徹底的に解説しています。
>> SEOに強いWEBライティングの始め方講座

-WEBライティング

© 2020 Rokusan Blog