ワードプレス

ワードプレスを「SSL化」する簡単な方法を徹底解説【設定必須】

 

 

この記事はこんな人にオススメ

  • ワードプレスの「SSL化」の設定方法を知りたい人
  • SSL化後のリダイレクト設定方法を知りたい人

このような悩みにお答えします。

 

ワードプレスをインストールした後、すぐにやってほしい設定「SSL化」

 

"SSL化"とは『通信を暗号化する』設定のこと。いわいる、情報漏洩防止のセキュリティ対策です。

 

なのでこの記事では「エックスサーバーでのSSL化の方法と、リダイレクト設定」を画像付きで解説していきます。

 

この記事を読めば「ブログ初心者でも少しややこしいSSL化が簡単にできる」ようになります。

 

ロクサン
Google検索エンジンでは、SSL化が推奨されているので確実にやっておきましょう。

 

「SSL化」設定の流れ

少しややこしい設定なので、まずは「SSL化」設定の流れを紹介しておきます。

 

「SSL化」設定の流れ

  1. サーバーでの独自SSL設定の追加
  2. ワードプレスでのSSL化設定
  3. リダイレクトの設定

 

ロクサン
手順を間違えるとWordPressブログにログインできなくなるので、要注意です。

 

それでは1つずつ解説していきます。

 

サーバーでの独自SSL化設定の追加

まずは、サーバー(エックスサーバー)での独自SSL化設定をおこないます。

 

基本的には、エックスサーバーに独自ドメインの登録をしたときに設定はできています。
(※ドメイン登録時に、「無料独自SSLを利用する」にチェックを入れていればOK)

 

しかし、設定されていない場合もあるので、一度確認しておきましょう。

 

独自SSL化設定の確認方法

独自SSL化設定ができているか確認をしていきます。

 

① エックスサーバーのサーバーパネルにログイン

 

エックスサーバーの「ログイン」→「サーバーパネル」から、「サーバーパネルログインインフォーム」に「サーバーアカウント」のIDとパスワードでログインします。

 

サーバーアカウントのIDとパスワードが分からなければ、エックスサーバーの契約時に受信したメールに書かれているので確認しましょう。

 

② 使っているドメインを選択する

 

ログインできれば、ブログに使っているドメインを選択します。

 

画面左したにある「設定対象ドメインデータ」の下向きボタン【▼】から、使いたいドメインを選択し、「設定する」をクリック。

 

③ SSL設定画面へアクセス

 

使っているドメインに設定できれば、「SSL設定」の画面にアクセスします。

 

"サーバーパネル"のメニューの右上「ドメイン」から「SSL設定」をクリック。

 

④ SSL追加設定で確認

 

「SSL設定」画面にアクセスできれば、独自SSL設定追加のタグをクリックします。

 

「設定対象ドメイン」[********]が"ブログに使っているドメイン"になっていることを確認し、ドメインが「設定済」になっていればSSL設定されています。

 

ドメインのSSL設定がされていない場合

ドメインのSSL設定がされていない場合、次の方法で設定をしていきます。

 

① SSL設定をする

 

SSL設定画面の「独自SSL設定追加」画面へアクセス。ブログで使っているドメインになっていることを確認します。

 

その次に、"CSR情報を入力する"にチェックを入れて、「確認画面へ進む」をクリック。

 

② SSL設定の追加確認

 

ドメインに間違いがなければ「追加する」をクリック。

 

これで、サーバーでの独自SSL化設定は完了です。

 

ワードプレスでのSSL化設定

次は、ワードプレス側のSSL設定をしていきます。

 

① WordPressにログイン

 

ワードプレスのダッシュボードにログインしましょう。

 

② 設定の『一般』にアクセス

 

設定ダブから「一般設定」の画面へアクセスします。

 

③ ワードプレスのURLをSSL設定

 

ワードプレスのURLをSSL化設定していきます。

 

SSL設定するには「http://」→「https://」に変更します。
ワードプレスアドレス(URL)サイトアドレス(URL)https:// 〇〇〇.〇〇〇」に変えたURLに変更しましょう。

 

変更できれば、下部の「変更を保存」をクリック。

 

これで、ワードプレスのSSL化設定はOKです。
保存したあとは、https:// 〇〇〇.〇〇〇」のURLでアクセスしてみましょう。

 

リダイレクトの設定

ワードプレスの設定もできれば、次は「リダイレクトの設定」です。

 

リダイレクトでは、「http」のURLから「htpps」のURLへリンクを飛ばす設定になります。

 

リダイレクト設定をおこなうには「.htaccess」というファイルのコードを触ることになるので、焦らず進めてください。

 

① エックスサーバーのサーバーパネルにログイン

 

エックスサーバーの「ログイン」→「サーバーパネル」から、サーバーパネルログインインフォーム」サーバーアカウント」のIDとパスワードでログイン。

 

② 使っているドメインを選択する

 

ログインできれば、ブログに使っているドメインを選択します。

 

画面左したにある「設定対象ドメインデータ」の下向きボタン【▼】から、使っているドメインを選択し、『設定する』をクリック。

 

③  .htaccessの編集画面へ

「設定対象ドメインデータ」を使っているドメインに変更できれば、.htaccess編集」のをクリックします。

 

場所は[ホームページ]の.htaccess編集」にあります。

 

 

「.htaccess編集」画面に飛んだら、上部のバーから.htaccess編集」をクリック。

 

クリックすると「コード」が出てくるので、コピペで「メモ」などに保存しておいてください。
(※設定を間違うと、ブログにアクセスできなくなるので、その時はコピペしたコードを貼り直して復活させてくださいね。)

 

④  .htaccessにコードを追加する

.htaccess内のコードのコピペまで完了したら、次は .htaccess内にコードを追加します。

 

まずはコードの中から「RewriteBase /」と書かれた場所を探します。

 

 

次に「RewriteBase /」の後ろに下記のコードを追加します。

▼追加するコード

RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]
RewriteRule ^index\.php$ - [L]

 

追加ができれば、ほとんどの場合下記の様なコードになります。

 

 

▼追加した後のコード

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>

# END WordPress

 

 

完了すれば、[確認画面へ進む]→[実行する]で、「http://」⇒「https://」へのリダイレクト設定は完了です。

 

基本的な設定が完了すれば、記事を書いていきましょう。

ブログで稼ぐためのロードマップはコチラの記事で解説しています。
>>【ブログの始め方】本気でお金を稼ぎたい初心者にオススメの方法を徹底解説

また、記事を書くコツはコチラの記事に詳しくまとめています。
>>準備中

-ワードプレス
-

© 2020 Rokusan Blog