WEBライティング

【脱初心者】文章フレームワーク「PREP法」で記事が簡単に書ける方法

こんにちは。ロクサン(@Rokusan_jobs)です。

 

ブログ初心者が苦戦する「記事構成」

文章フレームワーク「PREP法」に当てはめることで、簡単に記事を書くことがきます。

 

この記事はこんな人にオススメ

  • 記事の構成がわからない人
  • 読まれる記事を書きたい人
  • 脱初心者を目指している人

このような悩みにお答えします。

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕はブログ歴1年。現在はブログ×クラウドソーシングで生きてます。
Twitter (@Rokusan_jobs)もやってます。

 

PREP法を使った記事であると、実際にSEOでも上位表示することができます。

SEO上位表示

SEO上位表示

 

この記事では「文章ワークフレーム"PREP法"を使った、簡単な記事構成の作り方」を解説していきます。

この記事を読むことで「誰でも、分かりやすい読まれる記事を書くことができます。」

 

ロクサン
プレゼンでも使われる文章ワークフレームです。

 

また、PREP法を使い上位表示されている記事を元に解説をしていきます。
>> 上位表示されている記事はコチラ

 

PRER法を使えば読まれる記事が書ける

「PREP法」を使えば、誰でも簡単に読まれる記事を書くことができます。

 

PREP法の流れは以下のとおりです。

PREP法 (プレップ)の流れ

  • Point(結論)
  • Reason(理由)
  • Example(事例・具体例)
  • Point(結論)

 

このPREP法をもとに、実際の記事の書き方を見ていきましょう。

 

記事の冒頭は、タイトル・画像・シェアボタン

SEO上位表示

 

記事の冒頭は、どんなブログでも共通した形です。

 

記事の冒頭

  • 記事タイトル
  • アイキャッチ画像
  • SNSシェアボタン

 

SNSのシェアをされるかどうかは、上位表示にも影響する部分です。なので、少しでもシェアされやすいよう、SNSボタンを設置するといいでしょう。
※当ブログでは下部に設置しています。

 

ロクサン
最近の有料テーマであれば、自動的にSNSボタンが表示されることが多いです。

 

結論と読むメリットを冒頭文(リード文)に含める【P】

結論と読むメリットを冒頭文(リード文)に含める【P】

 

記事の最初には冒頭文(リード文)を書きますが、稼げる記事は「記事の結論を書くこと」がポイントです。

読者は結論が知りたくて記事を読みます。しかし、結論が最後にしか書いてない記事は、最後まで絶対読まれません。

 

ロクサン
最後に書かれているであろう結論まで読むのは面倒ですからね。

 

逆に、冒頭に結論が書かれている「知りたいことがすぐ知れる」記事のほうが親切だと思いませんか?

"冒頭に結論を書くと記事が読まれない"と思うかもしれませんが、興味のある読者は内容までしっかり読みすすめてくれます。

 

なので、記事の冒頭文には2つのことを書きましょう。

 

冒頭文に書くこと

  • 記事に何が書かれているか (結論)
  • 記事を読む読者のメリット (読んだ後の状態)

 

画像を例に挙げると、以下の部分です。

  • 記事に何が書かれているか
    そこでこの記事では「ブログ記事の完成度は60%でいい3つの理由」を解説していきます。
  • 記事にを読む読者のメリット
    この記事を読むことで「"記事が書けない"負のルールに入らないためのマインドセット」身につきます。

 

この2つがなければ、読者は記事を読む魅力を感じないので、読み進めることはありません。

 

ロクサン
結論だけでなく、メリットまで書くことがポイントです。

 

読まれるリード文の解説へ別記事でもしています。
※準備中......

 

結論の理由を書く【R】

結論の理由を書く【R】

 

冒頭で結論を書いたら、結論の理由を書いていきます。

ここでイメージすることは「なぜ結論につながったのか合理的にわかるか」どうかです。

 

ロクサン
合理的にとなると、専門用語も必要になります。そのときに全く知識のない読者でもわかるように説明しましょう。

 

画像を例に挙げると「3つの理由」という部分です。

 

具体例を入れると理解しやすくなる【E】

具体例を入れると理解しやすくなる【E】

 

理由を書いた後には、内容を理解しやすいように具体例を書きます。

 

具体例を書くには

  • ネットでリサーチして情報を集める
  • 自分で体験する
  • 本を参考にする

 

ロクサン
例えば、美容品の記事であれば「30日間使った結果、これだけ変わりました!!」という具体例があれば、読者は理解しやすくなりますよね。

 

画像を例に挙げると「3つの経験」という部分です。

 

もう一回、結論を書いて内容をまとめる【P】

 

記事の最後には、もう一回、結論を書いて内容をまとめます。

結論は記事のなかで1番伝えたいこと。記事中でも重要なことです。

 

ロクサン
読書は読み飛ばすことが多いので、なんども書いて見てもらいやすくしましょう。

 

そして結論と一緒に、「読んだ後の読者にどうしてほしいか」を伝えましょう。

 

読んだ後してほしい行動

  • 別の記事を読んで欲しい
  • 商品・サービスを買って欲しい
  • SNSでシェアして欲しい
  • 感想を教えて欲しい
  • 今すぐに実践して欲しい

 

記事の目的に合わせて、読者の次のアクションに導いてあげます。

 

読者が「結局なにがいいたかったんだろ?」と記事の最後に思わないよう、「結論と次の行動」をちゃんと示すようにしましょう。

 

ポイント

各見出しの「見出し→画像→本文」という構成はどんな記事でも同じ形。

また、本文では箇条書きや吹き出し、装飾などを使うと見やすい記事になります。

 

SEOに強いWEBライティングは以下の記事で解説しています。
>>【超初心者向け】SEOに強いWebライティングの始め方講座[完全解説]

稼げるブログの始め方は以下の記事で解説しています。
>>【超初心者向け】本気で稼ぐためのブログの始め方講座[完全解説]

-WEBライティング

© 2020 Rokusan Blog