ドメイン

ムームードメインで独自ドメインを取得する方法からネームサーバーの設定まで徹底解説

こんにちは。ロクサン(@Rokusan_jobs)です。

 

この記事はこんな人にオススメ

  • ムームードメインでのドメインの取得方法を知りたい人
  • サーバーへの設定方法を知りたい人
  • ドメインの基本知識を知りたい人

このような悩みにお答えします。

 

ワードプレスを使うには、「レンタルサーバー」と一緒に「ドメイン」を取得する必要があります。

「ドメイン」とは、ブログの「インターネット上にある、自分の住所」いわいる「URL」のこと。

 

そこでこの記事ではムームードメインでのドメイン取得方法とサーバーへの設定方法、さらにドメインの基本知識」を解説しています。

 

記事を読むことで「ブログ初心者でも独自ドメインの取得方法」がわかります。

 

ロクサン
ドメイン取得サイトはムームードメイン以外にも、「お名前.com」、「エックスドメイン」などがあります。

 

これからワードプレスを始めるなら「エックスドメイン」もオススメです。詳しくはコチラの記事で解説しています。
>>  エックスサーバーでワードプレスを始める方法を徹底解説

 

ムームードメインの取得方法

 

ドメイン取得までの流れ

  • ドメインを検索する
  • トップドメインを決める
  • アカウントの登録
  • ドメインの申し込みをする

 

ムームードメインでの独自ドメイン取得をしていきましょう。

 

まずはムームードメインにアクセスして下さい。

 

① ドメインを検索する

 

ムームードメインのトップページを開いたら、赤枠の中に「希望のドメイン名」を入力して、検索するををクリック。

 

希望のドメイン名がなければ......

ブログのテーマを決めているのであれば、そのテーマに合ったドメインを入れるのがベスト

なければ、自分の名前に関するものがいいでしょう

  • クレカ系 ⇒ creditcard-sokujitsu
  • ネットビジネス系 ⇒ business-net
  • ブログ系 ⇒ blog-wordpress

など、テーマに応じたドメインも良いですね

 

② トップドメインを決める

 

希望のドメインを検索すると「取得可能なドメイン一覧」が出てきます。

 

.com.net.infoなどの".(ドット)以下"のドメインのことをトップドメイン」といいます。

 

  • ".com"や".net"など = トップレベルドメイン
  • 希望のものを入力したドメイン=第2レベルドメイン

 

トップレベルドメインには"いくつかの種類"があり"価格も違います"が、どれが良いという正解があるわけではありません。

 

ブログで利用するのであれば、.com」や「.info」がメジャーなのでオススメです。

 

③ カートに追加する

 

トップドメインが決まればカートに追加」をクリック。

 

カートに追加されました」という画面がでれば、お申込みへ」をクリック。

 

④ アカウントの登録をする

 

申込みの手続きをしていきましょう。

 

「申込みへ」をクリックしたら、ログイン画面」へ移動します。

 

ムームーIDを持っていない方は「新規登録する」をクリック。

 

 

「新規ユーザー登録」画面でムームーID(メールアドレス)」希望のパスワード」入力。

 

「利用規約に同意して本人確認へ」をクリック。

 

 

「SMS認証による本人確認」の画面に移動したら、「確認コードの受け取り方法」で"SMS""自動音声確認"のどちらかを選択後電話番号」を入力し、『認証コードを送信する』をクリック。

 

受け取り方でチェックした方法に「認証コード」が送られます。

 

 

「認証コード入力」画面に、送信された"認証コードを入力"後、「本人確認をして登録」をクリック。

⑤ ドメインの申し込みをする

 

希望のドメインが間違っていないか確認をしてください。

 

次に、ドメインの設定「WHOIS公開情報」ネームサーバ」ともに、そのままでOK。

 

連携サービス同時申し込みなどは無視でOKです。

 

 

ドメインの契約年数は「1年」を選択。

 

支払い方法はクレジットカード決済」「おさいぽ!決済」「銀行振込」「コンビニ決済」から選択できます。

 

ドメイン価格、お支払い金額合計の確認ができれば、次のステップへ」をクリック。

 

⑥ 連携サービスは無視で

 

連携サービスの広告がでてきますが、無視で下部の「次のステップへ」をクリック。

 

⑦ ユーザー情報の入力

 

ユーザー情報入力をします。

 

お名前、住所の入力が終われば「次のステップへ」をクリック。

 

⑧ 取得ドメインの内容確認

最後に取得するドメインの内容の確認です。

 

問題なければ、規約に同意して「この内容で申し込む」をクリック。

 

支払いが完了されれば、ドメインの取得が完了です。

 

ムームードメインから確認のメールが届くので、保存しておいてください。

 

以上が、ムームードメインでのドメイン取得になります。

 

ドメインのネームサーバーの設定方法

まずは、ドメインのネームサーバーの設定をしていきます。

 

ネームサーバーの設定方法

  1. ムームードメインのコントロールパネルを開く
  2. 使用するネームサーバーを選択する
  3. ネームサーバーの変更を設定する

 

詳しく解説していきます。

 

① ムームードメインのコントロールパネルを開く

取得したドメインを使うには、レンタルサーバーの「ネームサーバを登録」する必要があります。

 

ネームサーバーとは、ドメインに「あなたのサーバーはココだよ!!」と教えてあげるコードのようなものです。

 

 

まずは、ムームードメインのコントロールパネルにアクセスします。

 

次に左にあるメニューダブの「ドメイン管理」→「ネームサーバー設定変更」をクリック。

 

② 使用するネームサーバーを選択する

コントロールパネルの「ネームサーバー設定変更」にアクセスできれば"ドメイン一覧"がでてきます。

 

ドメイン一覧から、使用するドメインの右側にある「ネームサーバ設定変更」をクリックしましょう。

 

③ ネームサーバーの設定を変更する

使用するレンタルサーバーの「ネームサーバ設定変更」をしていきます。

 

 

"ムームーDNS"以外のレンタルサーバーでは、「GMOペパポ以外のネームサーバを使用する」にチェックを入れ、ネームサーバの設定をします。(※エックスサーバーはGMO以外のサーバーです。)

 

ネームサーバーはそれぞれのレンタルサーバーで設定されているので、「レンタルサーバー名 ネームサーバー」で検索すれば、ネームサーバーがわかります。

 

エックスサーバーのネームサーバは以下の通りです。

 

エックスサーバーのネームサーバー

  • ネームサーバ1 : ns1.xserver.jp
  • ネームサーバ2 : ns2.xserver.jp
  • ネームサーバ3 : ns3.xserver.jp
  • ネームサーバ4 : ns4.xserver.jp
  • ネームサーバ5 : ns5.xserver.jp

 

④ 設定できれば変更へ

 

ネームサーバーが追加できれば、下部の「ネームサーバ設定変更」をクリック。

 

これで、「ドメインのネームサーバーの設定」は完了です。

 

ドメインをレンタルサーバーに登録する方法

次は「レンタルサーバー」に「ドメイン」を登録していきます。エックスサーバー側の設定になります。

 

ドメインの登録方法

  • エックスサーバーのサーバーパネルにアクセス
  • サーバーパネルから『ドメイン設定』をクリック
  • ドメイン設定(登録)
  • ドメイン追加の確認

 

① エックスサーバーのサーバーパネルにアクセス

 

エックスサーバーにアクセスして、「サーバーパネル」にログインしましょう。

 

 

サーバーIDとパスワードは、契約時に送られてくるメール記載されています。「サーバーアカウント情報」の"サーバーID"と"サーバーパスワード"を入力していきます。

 

② サーバーパネルから「ドメイン設定」をクリック

 

サーバーパネルにログインして、右上の「ドメイン設定」をクリックしましょう。

 

③ ドメインの設定(登録)

"ドメイン設定"画面で、ドメインを登録していきます。

 

 

まず、タブの「ドメイン設定の追加」をクリック。次に、追加するドメインを「ドメイン名」に入力します。

 

チェックボックの『無料独自SSLを利用する』にはチェックを入れた状態でOK。(SSL設定という設定を後でします)

 

入力をしたら、『メイン追加(確認)』をクリックしましょう。

 

④ ドメイン追加の確認

 

確認の画面で"追加ドメイン"に間違いがなければ、「ドメインの追加(確定)」をクリック。

 

「ドメイン設定の追加は完了しました。契約内容は以下の通りです。」と表示されたらドメインの設定は完了です。

 

ドメインのことを理解しよう!

少し雑学になりますが、そもそもドイメインってなんなの?という解説になります。

 

ドメインとは簡単にいうと『インターネット上にある、自分の住所』です。

 

このブログであれば「https://rokusan-jobs.info」がURLで、「rokusan-jobs.info」がドメインですね。

 

ドメインとサーバーの関係

サーバーの中のブログの場所を示すのが「ドメイン」で、ドメインとサーバーが揃って初めてブログが公開できます。

 

ドメイン、サーバー、ブログの関係

  • ドメイン = 住所
  • サーバー = 土地
  • ブログ = 家(建物)

このようなイメージで、考えてみてください!!

 

メールアドレスにも利用できる

メールアドレスの「@」以降もドメイン。これもブログと同じで、住所の役割になってます。

 

ドメインがあることによって、どこにメールを送ればいいのかが特定できるってことです。

 

手紙で例えると、@以前が「宛名」、@以降が「住所」ですね。

 

独自ドメインとは

独自ドメインとは、自分で取得するドメインのこと。

 

ここで解説しているドメインの取得方法は「独自ドメイン」の取得方法です。

 

独自ドメインは、好きな文字列を指定でき、あなたの所有物になります。

 

レンタルサーバーには無償提供のドメインがある

レンタルサーバーには、無償でドメインを提供しているものもあります。

 

ロクサン
当ブログでオススメしているエックスサーバー"では、アカウントに対して、1つの「○○○.xsrv.jp」というドメインを無償で使用することができます。

 

エックスサーバーでは"サーバーID(初期ドメイン)"というところで、お申し込み時に好きな文字列で設定しています。

 

エックスサーバーでワードプレスを始める方法はコチラの記事で詳細に解説しています。
>>

 

サブドメインとは

エックスサーバーの初期ドメインは、「ドメイン」ではありますが「エックスサーバーの中の1つのドメイン」という位置付けです。

 

イメージとしては「エックスサーバーが所有する住所(ドメイン)にあるビルの一室を借りている状態」

 

ロクサン
例えば、エックスサーバーの初期ドメインを使用すると「rokusan-jobs.xsrv.jp」のようになりますね。

 

例えばアメブロの場合

アメブロのURLには必ず「ameblo.jp」というドメインが入ります。

 

ロクサン
もし僕がアメブロでブログを始めていたら、「http://ameblo.jp/rokusan-jobs/」のよううなURLだったでしょうね〜。

 

要するに、このドメインはアメブロ(ameblo.jp)のサブドメインです。

 

基本的に、無料ブログで設定できるドメインは「サブドメイン」

あくまで所有は無料ブログ側なので、どれだけサブドメインでブログを頑張っても評価されるのは"オリジナルのドメイン"だけなんです。

 

その点、独自ドメインであれば、頑張ったら頑張っただけアナタのドメインが評価さるので ワードプレスでブログを始めることをオススメしています。

 

無料ブログとワードプレスのメリット・デメリットはコチラの記事にまとめています。
>>無料ブログはNG?ワードプレスとのメリット・デメリットを徹底比較

-ドメイン
-

© 2020 Rokusan Blog