お金

フリーランスの経理業務なら『クラウド型会計ソフト』がおすすすめ!!

 

この記事はこんな人にオススメ

  • 経理業務が苦手な人
  • 初めての確定申告に挑戦する個人事業主の人
  • 手作業で会計業務をしていて面倒だと思う人

 

このような悩みにお答えします。

 

フリーランスや個人事業主にとっての最大のイベント『確定申告』

 

初めての確定申告は経理の経験もなく全く分からない状態でしたが、無事に終えたのは会計ソフト『freee』のおかげです。

 

この記事では、「はじめての確定申告を乗り越えるためのスーパーヒーロー「会計ソフト」についてを解説していきます。

 

記事を読むことで「個人事業主でも簡単に導入できるクラウド型会計ソフト」について詳しくわかります。

 

ロクサン
会計業務で面倒な作業が一気に簡単になるので、この機会に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

\1ヶ月無料で使ってみる/
[jin_icon_arrowcircle color="#ffffff" size="18px"]『freee』へ

 

会計ソフトとは

会計ソフトは、経理業務の一括管理してくれる便利なソフトウェアです。

 

会社で使われているイメージがありますが、個人で仕事をしている人にとって、お金の管理をチョー手助けしてくれるスーパーマン。

 

手作業での経理作業は『帳簿ノート』に入出金などの情報を書いていきますが、全くのド素人にはちょっと無理です。

【金銭出納帳 ノート式帳簿 A5タテ 40枚 チ-51】帳簿ノート※5冊までネコポス便可能[コクヨ]
created by Rinker

 

ロクサン
私も本で一通り勉強しましたが、『???』という状態でした。なので、今は『会計ソフト』を利用しています。

 

会計ソフトは色々ありますが、個人で利用するなら『弥生』『マネーフォワード』『freee』が有名どころ。

 

また、会計ソフトには『インストール型ソフト』と『クラウド型ソフト』の2種類があるあります。

 

クラウド型ソフトインストール型ソフト
インストール不要必要
OSWindows・Mac両方対応ソフトによる
デバイスPC、スマホ、タブレットなどパソコンのみ
支払い月額制 or 年額制パッケージ購入 or
ダウンロード購入
バージョンアップ無料有料
法令改正への対応自動対応版のインストールが必要
インターフェイス
(構成・操作など)
主にマウス主にキーボード入力
グラフレポートありなし(ソフトによる)
確定申告への対応可能(プランによる)可能
法人税申告他サービスとの組み合わせにて対応可能作成できないものが多い
その他の機能少なめ多め

 

個人的には『クラウド型ソフト』がおすすめですが、どんな違いがあるか『メリット・デメリット』を見ていきましょう。

 

インストール型ソフト

インストール型ソフトは、CD-ROMからパソコンにインストールしたり、ネット上からダウンロードを行うタイプのものです。

 

代表的なものは『やよいの青色申告』などあります。

弥生 Yayoi やよいの青色申告 20 通常版 <消費税改正対応> [Windows用][YUAN0001]
created by Rinker

 

『インストール型ソフト』のメリット・デメリット

『インストール型ソフト』のメリット

  • オフラインでも使える
  • ランニングコストがかからない
  • システムトラブルが起こりにくい
  • 対応できる税理士が多い

『インストール型ソフト』のデメリット

  • 税率が変わるたびにアップデートが必要
  • パソコンを替えたときの移行が面倒
  • バックアップを取らないといけない
  • 経理の知識がないと使いにくい

 

クラウド型ソフト

クラウド型ソフトは、インストール型ソフトのような"パソコンへのインストール"が必要ありません。全て、ネットからログインして経理業務ができます。

 

『クラウド型ソフト』のメリット・デメリット

『クラウド型ソフト』のメリット

  • 口座・カードの自動連携にて効率化
  • データの共有が可能
  • 初めてでも操作が簡単
  • OS関係なく利用可能

『クラウド型ソフト』のデメリット

  • 月額or年間費がかかる
  • ネットが使えないとソフトも使えない
  • 特殊・複雑な処理に対応していないことがある
  • 対応できる税理士が少ない

 

クラウド型をおすすめする3つの理由

私自身、クラウド型ソフトの『freee』を使っています。

 

"インストール型ソフト"も無料体験版で操作をしてみましたが、操作が複雑で謎。

 

しかし"クラウド型ソフト"の場合は、マウスでポチポチして仕分けるだけなので、経理初心者の私でもちゃんと使えました。

 

そんな経理初心者の私でも使えた『クラウド型ソフト』をおすすめする3つの理由を紹介していきます。

 

経理初心者でも"感覚でわかる"シンプルな構造

会計?なにそれ?美味しいの?というぐらい、私の頭の片隅にも経理の知識がありません。

 

個人でも仕事をするようになって始めて『自分で経理しんとあかんのか!?』となり、経理の本を読んでも全く理解できず。

 

ロクサン
会計ソフトの存在を知った時は『即導入』でした。

 

勉強する時間を考えるとコスパもかなりいいので、いろいろな会計ソフトを試した結果『freee』を使っています。
[jin_icon_arrowcircle color="#e9546b" size="18px"]『会計freee』は、経理初心者フリーランスの強い味方!!

 

まず驚いたのは『わかりやすさ』

 

インストール型の会計ソフトをイメージしていたので『数字をひたすら打ち込むのか......』と思っていましたが、マウスで選択していくだけで会計処理ができちゃいました。

 

シンプルで使いやすく、直感でも操作ができます。

 

また、ヘルプ機能やサポートも充実しているので、わからないことも即解決できました。

 

 

経理の最大の難所は『確定申告』ですが、『freee』では、"確定申告書類の作成"に沿って必要事項をチェックや記入していくだけで提出書類ができちゃいます。

 

口座・カードの自動読み込みで作業時間が短縮

銀行、クレジットカード、決済サービスや電子マネーの明細を取り込むことができ、入力の手間を最小限に減らすことが出来ます。

 

 

クラウド型ならではですよね。この機能があるため、クリックで仕分けるだけで経営業務が完結するわけです。(月末に、銀行・カード・決済サービスなどの明細を見ながら手入力はやってられません)

 

税率が変わっても買い換える必要なし!!

『インストール型ソフト』との大きな違いでもありますが、『クラウド型ソフト』であれば常に最新の状態でサービスが利用できます。

 

税率が上がっていく中で、常に最新の状態で利用できるのは安心ですよね。

 

年度途中で税率が変わってもクラウド型であれば、新たなソフトを導入する必要もありません。そのままサービスを使い続けることが出来ます。

 

おすすめのクラウド型ソフトは『freee』

有名どころの会計ソフト『弥生』『マネーフォワード』『freee』3社を体験しましたが、私は『freee』を利用しています。

 

経理経験が"ある"or"ない"ことでも、会計ソフトの使いやすさは違ってきます。

 

ロクサン
どれも無料期間があるので、実際に操作してみて、自分にあった会計ソフトを利用するのがいいですよ。

せっかく全てのソフトを利用したんで、それぞれのポイントも紹介しておきます!!ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

素人でも感覚でわかる「会計freee」

freee』は、開業届を作成する『開業freee』や事業用のクレジットカードの発行など開業時からお世話になっています。
デザインがシンプルで使いやすく、使っていてもテンションが上がりますよ。
また、経理初心者でもわかるように"独自の表現"で誰でも理解できるようになっているので、直感で経理業務ができます。

 

価格(スタータープラン)月払い1,180円 or 年払い11,760円(月980円)
価格
使いやすさ

\1ヶ月無料で使ってみる/

会計フリーはコチラ

 

「freee」は、開業届けを出す時にも使いました。月払いではクラウド型ソフトでも1番安くなっています。
>>「開業freee」で、開業届の書き方に悩まない!!迷わず書類を作る方法を紹介

 

経理経験者にもおすすめな『マネーフォワード』

マネーフォワード』は経理経験者でも初心者でもわかるような仕様になっています。
借方借方がわかるよ!!とか、税理士さんにお世話になるつもり!!という方は『マネーフォワード』が使い勝手もよくおすすめ。
もちろん初心者でもわかりやすいよう、ガイダンスが丁寧であったり、直感的に操作できるよにもなっています。

価格(パーソナルライト)月払い1,280円 or 年払い11,760円(月980円)
価格
使いやすさ

\1ヶ月無料で使ってみる/

マネーフォワードはコチラ

 

マネーフォワード」も「会計フリー」も、使いやすくわかりやすいデザインです。これまで経理の経験がある人は「マネーフォワード」がおすすめです。

 

老舗の「弥生の青色申告オンライン」

インストール型ソフトでおなじみの『弥生』。オンライン版は無料で試しましたが、少し動作が遅いところは、かなり気になりました。
ちなみに1年間無料で利用できるので、帳簿の付け方の練習として触ってみるのもいいかもしれません。
白色申告の場合は、無料で利用できるので、青色申告をしない人には『弥生』でも十分です。

 

価格(セルフプラン)初年度無料(次年度8,000円/年)
価格
使いやすさ

 

\1年間無料で使ってみる/

ボタン

弥生』はクラウド型ソフトに比べて、従来の会計ソフトを引き継いでいる形なので、使いやすさには劣る面があります。

 

そのため価格が安く、白色申告の場合は、ずっと無料で使えるので、使う人によっては『弥生』もおすすめできるかと思います。

 

さいごに

今でも、経理については詳しいとは言えませんが、確定申告は出せています。やり始めた頃は、帳簿なんて言葉の全く分からなかったので成長したと思います。

 

私が経理について右も左もわからなかった時に読んだ本は『フリーで仕事を始めたらまっさきに読む経理・税金・申告の本』という本。

 

フリーで仕事を始めたらまっさきに読む 経理・税金・申告の本【電子書籍】[ 笠原清明 ]
created by Rinker

 

これを読めば、なんとなく経理については一通り解ります。

 

また、『フリーランス税本』も最近では人気ですね。

 

お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えて下さい! [ 税理士・大河内薫 ]
created by Rinker

 

この本は、難しい税金のことがを、漫画で解説してくれるので、文章で読むより頭に入りやすいです。

 

面倒な確定申告ですが、『フリーランス税本』と『freee』で乗り切りましょう!!

-お金
-

© 2020 Rokusan Blog