WEBライティング

【WEBライティング】記事を劇的に変化させるコピーライティングで使われる3つのNOTを徹底解説

こんにちは。ロクサン(@Rokusan_jobs)です。

 

WEBライティング(コピーライティング)には、超えなければいけない壁があります。

 

それが「3つのNOT」です。

 

この記事はこんな人にオススメ

  • 読者に読んでもらえる記事にしたい人
  • WEBライティングのテクニックを知りたい人
  • 記事の完成度を劇的に変えたい人

このような悩みにお答えします。

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕はブログ歴1年。現在はブログ×クラウドソーシングで生きてます。
Twitter (@Rokusan_jobs)もやってます。

 

そもそも読者は思っている以上に文章を読んでいません。その原因は「3つのNOT」という、超えなければいけない壁があるからです。

 

そこでこの記事では「WEBライティングで読者の超えなければならない3つのNOTについて」解説していきます。

この記事を読むことで「3つのNOTを超えることができ、商品・サービスを売ることができます。」

 

ロクサン
この壁を超えないことには、読者の悩みを解決することはできません。

 

Webライティングで「3つのNOT」とは

 

「3つのNOT」とは以下の通りです。

 

3つのNOT

  • 読者は読まない(Not Read)
  • 信じない(Not Believe)
  • 行動しない(Not Act)

 

ロクサン
読者はそもそも、文章を読まないし、信じないし、行動しません。

 

Webライティングでは3つのNOTを超える工夫が必要になります。

この視点をもっていないと、読者に読まれないし売れない、SEO対策で上位表示もできなくなります。

 

読まない壁を超える工夫

 

読者はそもそも記事を読みません。しかし、読んでくれないと悩みが解決することも、モノを売ることもできません。

 

しかし、読者に読ませる必要があるなら、自分に書きたいように書いているだけではダメです。

 

これまで紹介したWebライティングのテクニックは、「読まない壁」を超えさせるものです。

 

  • 「結論→理由」の順番で書く
  • 飛ばし読みを意識した書き方
  • 代名詞をつかわない(これ、それ、あれ、さっきの)
  • 図解、箇条書きを使う
  • 目立つようにポイントを書く
  • 見出しだけで内容が分かるようにする
  • ターゲットやペルソナの役に立つ記事を書く

まずは、読まない壁を超えるためにWebライティングのテクニックを使って、読ませる工夫をしていきましょう。

ロクサン
読ませないと、次の壁を超えることもできません。

 

信じない壁を超える工夫

 

読者に記事が読まれたとして、内容を信じることはありません。

 

  • 口コミが書いているけど嘘じゃないか
  • 本当に最新情報なのか
  • 根拠が本当に正確な情報か

先読みでも解説したように、読者は思っている以上にネガティブです。

 

ロクサン
信じない壁を超えれるかは、結果が出ている人との大きな違いです。

 

信じる工夫で必要なことは「根拠となる裏付け」です。

 

WEBライティングが苦手だと思っている人でも、どちらかといえば"根拠とな裏付け"が圧倒的に足りてないことが多いです。

 

逆に裏付けがしっかりあれば、WEBライティングが多少下手でも、信じてもらえる記事になります。

 

ロクサン
裏付けがあるだけでも、モノが売れる可能性が高くなります。

 

WEBライティングは、記事を書く技術だけでなく、根拠となる裏付け作りも必要です。

そもそも裏付けのない内容の記事を書くのは難しいですよね。

 

効果の根拠はビフォーアフターだけではダメ

ダイエット商品やサプリメントの裏付けとして使われる"ビフォーアフター"

 

しかし、これだけでは「本当に効果があった」という根拠にはなりません。

 

根拠にならない理由

  • 写真を編集して効果があったように見せている
  • もともと良い状態→悪い状態になって、効果があったような裏付けをつくる
  • ビフォーアフターの写真が別人

このように疑える理由は、いくつでも出てきます。

そのため、裏付けをつくるときは、疑えない根拠を伝えれるかを考えましょう。

 

ロクサン
ほんとうに効果があったとしても、読者が信じてくれないと意味がありません。

 

行動しない壁を超える工夫

 

読者は厄介なことに文章を読んで信じても、行動はしません。

 

読者の「行動」は以下の2つが多いはずです。

 

  • 商品・サービスを買ってもらう
  • SNSで拡散してもらう

 

特に「また今度にすればいいか」という経験が誰でもあります。

しかし先延ばされ忘れられないように、今行動しないといけない理由をアピールして、すぐに行動してもらうようにします。

 

ここで行動してもらうために重要なのは、読者の「背中を押してあげること」

 

読者の背中を押す方法は2つあります。

 

  • 緊急性:いつまでに申し込まないと損をする
  • 限定性:早く申し込まないと損をする

 

注意ポイント

あまり強く書くと、煽り感が強くなって不信感を与えることもあるので要注意です。

 

不安要素を取り除く

行動しない壁を乗り越えるには、背中を押してあげることも必要ですが、不安要素を取り除くこともしていきましょう。

 

 

読者は商品・サービスが欲しくなっても、まだまだ不安要素はあります。

  • 信頼できる会社なのか
  • 解約はできるか
  • 本当に使える商品なのか
  • 別の商品をセールスされないか

 

このような不安があるうちは、申込みをやめてしまう可能性があるので、しっかり不安要素を解消してあげましょう。

 

ロクサン
買わない理由がない状態にするための根回しが必要です。

 

まとめ:3つのNOTを超えると、ライティングが劇的に変わる

最後にまとめておきます。

3つのNOT

  • 読者は読まない(Not Read)
  • 信じない(Not Believe)
  • 行動しない(Not Act)

 

SEOで上位表示して商品・サービスを売るには、この3つのNOTを超える工夫が必要になります。

 

他のWEBライティングの知識は以下の記事にまとめています。
>>

-WEBライティング

© 2020 Rokusan Blog